視力回復と視力検査

に効果的な立体視を使ったトレーニングを利用して近視・乱視・遠視・老眼を矯正していきましょう。

最大限に効果を生かして、目を回復していくには毎日継続的にトレーニングすることが大切です。

ドラマやYoutubeの動画を紹介する「くまよむ」
視力回復メニュー

視力回復と視力検査でできること

当サイトでは立体視を利用した視力回復トレーニングランドルト環の視力検査表を使った検査をすることができるようになっています。

トレーニングは毎日することをおすすめします。仮性近視あるいは強度の近視を治すには、トレーニングを継続して行うことが大切になってきます。間隔をあけたり、あるいはやめたりすると、効果が期待できなくなります。目を治すには継続が大切です。暇を見つけて続けましょう。

視力回復トレーニングでは立体視を利用しております。立体視はマジカルアイやステレオグラムとも呼ばれ、平行法と交差法の二種類の見る方法が存在しますが、これらに関しての詳しい解説は視力回復画像の見方をご覧ください。

最初は、立体視するのが難しくて失敗するかもしれませんが、ぜひ体験してみてください。訓練して慣れてくると、簡単に立体視できるようになります。また、瞬間的にとらえる練習をすることで、鍛える効果だけではなく、瞬時に焦点を合わす動体視力の向上に繋がります。遠近感や立体感を感じとる能力を養ってくれるので、運転免許更新の時の深視力検査を受ける際のお役にも立てると思います。また、テスト勉強やテレビゲームなどで目を酷使してしまった子供さんの目の健康のためにもおすすめです。以下の画像は立体視画像の一例です。試してみてください。

平行法の視力回復トレーニング

平行法の視力回復トレーニング

交差法の視力回復トレーニング

交差法の視力回復トレーニング

目というのは毎日、劇的に変化するものではないので、ランドルト環の検査は毎日する必要はありません。測定は3日に一回とか、週に一回といったふうに、自分なりのスケジュールを決めて、機械的に行っていくとよいでしょう。

トレーニングとランドルト環の検査をうまく組み合わせて、取り組んでいくことができたら、目は少しずつ回復し、元のように良くなると思います。

手っ取り早く、眼科のクリニックでレーシックのようなレーザーによる近視の矯正手術を受けて回復したり(東京都だと品川・南青山・銀座・新宿、神奈川県だと横浜市、愛知県だと名古屋市、福岡県だと福岡市・久留米市、北海道だと札幌市、関西だと京都・大阪・神戸、あとは仙台・静岡・富山・岡山・広島などの比較的大きな都市だと有名な眼科のクリニックがあります)、視力回復機や器具などのグッズ(アイマスクや超音波治療機器のアイパワーなど)で目の運動・体操をして治したり、メガネ・ソフトコンタクトレンズ・ハードコンタクトレンズなどで矯正してもよいと思いますが、まずはその前に、生活に支障のないレベルまで目を回復させるために、自宅で無料で利用できる当サイトと一緒に取り組んでみませんか。

なお、当サイトの提供するコンテンツは目の回復あるいは目の障害の原因を取り除くことを100%保証するものではありませんので、その点をご承知の上でご利用ください。眼が治らなくても、当サイトは一切の責任を負いません。低下してしまった皆様の眼を治すのに、当サイトが微力ながら貢献できましたら、これ幸いに思うしだいです。


更新履歴とお知らせ

2007/07/24
Internet Explorer7でレイアウトが大幅に崩れてしまう不具合を修正しました。
2007/05/10
あなたのブログに当サイトのブログパーツを追加できるようになりました。とても便利ですので、アクセスアップにぜひともお役立てください。
2007/02/10
立体視しながらタイピングができるゲームを作成しました。立体視で目を鍛えながら、タイピングゲームで遊ぶことができます。高得点を叩き出すと、ランキングの上位に表示されるようになっています。立体視とタイピングの腕に自身がある方は挑戦してみてください。けっこう楽しいですよ。
2007/01/30
サイトのレイアウトを変更しました。これまではXGA(1024×768)のサイズに合わせてサイトを作成していましたが、アクセシビリティの観点からVGA(800×600)のサイズで閲覧しても横スクロールが発生しないようにサイトの横幅を調整しました。小さい画面はパーソナルコンピューターの世界では廃れつつありますが、最新の携帯電話だとワイドVGA(480×800)なんてものがでてきたりしているので、フルブラウザで当サイトをガンガン閲覧して、目を治したい方はお試し下さい。パケット定額はお忘れなく。
2006/09/02
立体視の画像をサムネイルで一覧表示できるようにしました。
2006/09/01
レーシック手術の費用のページを公開しました。レーシックを行っている眼科クリニックのサイトを調査して、レーシックに必要な費用をまとめました。レーシックによる手術は高額な場合が多いので、ぜひ参考にしてみてください。レーシックは保険や医療費の控除がきかないので、できることならキャンペーン期間価格で割引料金になっている安いクリニックで手術したいものです。
2006/08/31
レーシック手術の本のページを公開しました。レーシックがいかにして目を回復させるのかということを詳しく解説した書籍の一覧を紹介します。術後になんらかの後遺症、合併症、副作用が起きて再手術(不正乱視の除去など)なんてことがないように、本でレーシックのことを自分なりに調べて、手術の危険性とリスクとデメリットを熟慮してトラブルのないようにしたいものです。2ちゃんねるのような掲示板に掲載されている本音による口コミの評判、体験談、体験記、失敗談、失敗例などを読んで、どこが一番安全なクリニックなのかを見定めることも大切です。芸能人やスポーツ選手の手術を多く手がけているクリニックだと信頼性が高いといえるかもしれません。
2006/08/03
8月は全国的に夏休みに突入する方が多いと思いますが、僭越ながら管理人も我が世の春とばかりにバカンスを謳歌させていただきます。8月の更新作業につきましてはメンテナンス程度のものとなりますので、ご了承願います。本格的な更新作業は9月以降となります。なお、メールマガジンに関しましては夏休み中であろうとも、通常通りに発行されますので、ご安心ください。夏休みはまとまった時間がとれると思いますので、視力回復することに専念してみてはいかかでしょうか?それではみなさま、楽しい夏休みをお過ごしください。
Have a nice Summer Vacation!!
2006/08/02
サイトのレイアウトを一部見直して、情報量が多めの作り方に変更させていただきました。
2006/08/01
眼科でレーシック手術のページの文章を一部見直して、修正を加えました。
2006/07/30
サイト内全文検索のインデックス更新作業を行いました。
2006/07/28
オルソケラトロジーに関する文章の一部を見直して、修正しました。
2006/07/25
ブルーベリーに関する文章を一部見直して、修正を加えました。立体視による目の鍛え方を理解できない赤ちゃんや幼児には、ブルーベリーを含んだ食べ物やサプリメントを摂取させて、目の予防をしておくことをオススメします。アントシアニンを多量に含んだビルベリーを摂取するのも目のためにはいいと思います。
2006/07/24
ショートカットで楽々操作を公開しましたので、参考にしてみてください。
2006/07/13
視力管理データの機能を追加しました。画像を閲覧した合計時間やランドルト環の検査の検査結果を保存できるようになりました。
2006/07/11
トレーニング閲覧履歴の機能を追加しました。最近、閲覧した画像の過去10ページ分を記憶して、表示することが可能になりました。
2006/07/08
サイト内全文検索の機能を追加しました。いろいろなキーワードで各ページを検索できるようになりました。
2006/07/07
サイトのレイアウトを大幅に見直して、修正を加えました。
2006/07/05
リンク集を廃止しました。
2006/06/17
花粉症の治療法のページを公開しました。また、目に効くツボのページも公開しました。眼鏡の度数が進行してお困りの方は、目のマッサージでつぼを押しましょう。ドライアイを治すさせる効果もあります。
2006/06/12
視力回復ニュースがオープンしました。古今東西の目に関する最新の情報の中から、特に役立ちそうな情報や面白そうな目の情報を管理人が選りすぐって、ブログ形式で随時お届けしていきます。また、コンタクトレンズで目を回復させるオルソケラトロジーのページも追加しました。
2006/06/10
トレーニングが大幅に充実しました。今回の画像は"皇居周辺"となっています。3D化された皇居を眺めましょう。観光気分で皇居を楽しみながら、目を鍛えることができます。また、パソコンの壁紙なんかにしてもいいと思います。パソコンの作業に疲れて目薬を使いたくなった時なんかに、壁紙の画像をぼけーっと絵を見るように眺めて、眼筋を伸ばせば、目の疲労もやわらぐはずです。
2006/06/05
眼科でレーシック手術のページを追加しました。レーシックにはウェーブフロント・レーシック(Wavefront Lasik)、イントラ・レーシック(Intra Lasik)、エピ・レーシック(Epi-Lasik)など数種類の手術法がありますが、レーシックによる目の手術というのはどういうものかという基本の考え方をこのページにて解説します。
2006/06/01
当サイトのURLアドレスが変更になりました。
新しいURLアドレスは"http://www.eye-eye.net/"となります。

オルソケラトロジー

COPYRIGHT(C)2007 視力回復のレーシック手術研究所 ALL RIGHTS RESERVED.