視力回復と視力検査

視力回復に効果的な立体視を使ったトレーニングを利用して近視・乱視・遠視・老眼を矯正していきましょう。

最大限に視力アップの効果を生かして、目を回復していくには毎日継続的にトレーニングすることが大切です。

視力回復メニュー

サイト内全文検索

検索窓に任意のキーワードを入力して、検索ボタンを押すと、サイト内の全てのページを検索することができるようになっています。主な入力例は以下の通りです。

AAA
AAAを含むページを検索します。
AAA BBB
AAAとBBBを両方とも含むページのみを検索します。
-AAA
AAAを含まないページのみを検索します。
(AAA BBB)
AAAかBBBのどちらか一方もしくは両方を含むページを検索します。(AAA BBB CCC)のように2つ以上のキーワードで検索することも可能です。
t:AAA
AAAをページのタイトルに含むページを検索します。tはTでもかまいません。
u:AAA
AAAをページのURLに含んでいるページを検索します。uはUでもかまいません。

キーワード間は半角スペース、全角スペース、全角カンマ、半角カンマのいずれかで区切って下さい。また、OR検索の「(」や「)」は全角でも半角でもかまいません。

半角英数字と全角英数字、アルファベットの大文字と小文字は区別せずに検索します。

入力例で示した条件式を組み合わせることで検索式を作ることができます。例えば、「A B (C D) (E F G) -H t:I u:J」といった複雑な検索式も可能です。この検索式の意味は、「AとBを含み、かつCかDを含み、かつEかFかGを含み、かつHを含まず、かつタイトルにIを含み、かつURLにJを含む」となります。

マイナスから始まる文字を検索したい場合は、"-1"のように半角のダブルクォーテーションで囲って下さい。こうしないと「1」を含まないというNOT検索になります。ただし、OR検索の中ではダブルクォーテーションは必要ありません。

COPYRIGHT (C) 2007 視力回復センター&レーシック手術研究所 ALL RIGHTS RESERVED.