視力回復と視力検査

視力回復に効果的な立体視を使ったトレーニングを利用して近視・乱視・遠視・老眼を矯正していきましょう。

最大限に視力アップの効果を生かして、目を回復していくには毎日継続的にトレーニングすることが大切です。

ドラマやYoutubeの動画を紹介する「くまよむ」

視力回復メニュー

視力回復画像の見方

視力回復画像というのは左右の目が別々の画像を見ることで、立体的に浮かび上がる画像のことをいいます。一般的には立体視といいます。

立体視をすることによって、普段の日常生活では使われていない目の潜在的な能力を呼び起こすことができるようになります。結果として視力回復に役立つということになります。立体視には二つの見方があります。平行法交差法です。平行法というのは左右の眼をまっすぐにして視力回復画像を見ることをいいます。右眼は右側の画像を、左眼は左側の画像を見ます。左眼と右眼の視線を平行に保つ必要があるため、平行法と呼ばれます。うまく平行法で見るコツは肩の力を抜いて、リラックスした状態でぼんやりと遠くを見るようにすることです。どうしても平行法ができない場合は、左眼と右眼の間に紙や手などをおいて、左右の視線が交わらないようにしてみると比較的簡単にできるようになります。

視力回復
[平行法のイメージ図]

交差法というのは左眼と右眼の視線を交差させて、視力回復画像を見ることをいいます。右眼は左側の画像を、左眼は右側の画像を見ます。視線が交差しているために、交差法と呼ばれます。うまく交差法で見るコツは寄り眼をするようにして、視力回復画像を見ることです。

視力回復
[交差法のイメージ図]

以下の画像は立体視の練習のために用意しました。なお、初心者のために画像の一番上にガイドを表示してあります。うまく立体視できない方は、このガイドが中心でひとつに重なるように見てみましょう。それでは試してみてください。

[平行法の練習]
視力回復

[交差法の練習]
視力回復

平行法でも交差法でもうまく立体視することができると、あたかもオレンジ色の丸がきみどり色の四角よりも手前に存在しているように見えるはずです。いかがでしたでしょうか?うまく立体視できたでしょうか?立体視を完全にマスターできたら、次は実際に視力回復トレーニングをしていきましょう!

視力回復トレーニングで実際に使用する視力回復画像には練習用の画像のようにガイドはついていません。かわりに視力回復画像の左下に「WWW.EYE-EYE.NET」のロゴが表示してありますので、これをガイドのようにして見ていただけると、簡単に立体視ができるようになっています。

COPYRIGHT(C)2007 視力回復センター&レーシック手術研究所 ALL RIGHTS RESERVED.