視力回復と視力検査

視力回復に効果的な立体視を使ったトレーニングを利用して近視・乱視・遠視・老眼を矯正していきましょう。

最大限に視力アップの効果を生かして、目を回復していくには毎日継続的にトレーニングすることが大切です。

視力回復メニュー

視力管理データについて

当サイトでは主に視力回復トレーニングランドルト環の視力検査ができるようになっておりますが、さらなる利便性を高めていくために、これらの結果を自動的に保存していく機能が用意されています。この機能のことを視力管理データといいます。

この機能で自動的に保存されるデータの項目はトレーニング時間トレーニングの閲覧総数視力検査結果の3種類になっています。

トレーニング時間というのは視力回復トレーニングの各ページを閲覧している時間をどんどん足していった合計時間となります。不適切に長い閲覧時間となった時には、時間がカウントされませんので、注意が必要です。また、合計時間が100時間となった時点で時間は一度リセットされて、0から再スタートとなります。トレーニングの閲覧総数というのは実際に閲覧した視力回復トレーニングのページ数を合計したものとなります。閲覧したページ数だけ、増加していくことになります。また閲覧総数が1000000枚になると数値はリセットされ、0から再スタートとなります。

視力検査結果ではランドルト環の視力検査で得られた結果が表示されます。表示されるのは、裸眼視力の右眼と左眼と両眼、矯正視力の右眼と左眼と両眼の合計6つの検査結果です。この数値はそれぞれ新しく検査の結果が出るごとに書き換わっていきます。

トレーニングをした時間と枚数、それに視力検査結果が保存されていくことにより、自分自身で視力管理が簡単にできるようになります。毎日、保存される数値を目安にして、トレーニングをこなしていくことで視力回復の効果が期待できます。また、明確な数値目標ができることになるので、視力回復スケジュールが立てやすくなります。

この機能はクッキーとJavascriptが有効な環境においてのみ、正常に動作します。両方もしくは片方が無効だと、正常に動作しないので、有効になるよう設定してください。

COPYRIGHT(C)2007 視力回復センター&レーシック手術研究所 ALL RIGHTS RESERVED.