視力回復と視力検査

視力回復に効果的な立体視を使ったトレーニングを利用して近視・乱視・遠視・老眼を矯正していきましょう。

最大限に視力アップの効果を生かして、目を回復していくには毎日継続的にトレーニングすることが大切です。

視力回復メニュー

DHAを摂取しよう

イワシなどの青魚に多く含まれているDHAことドコサヘキサエン酸には視力回復の効果があります。DHAといえば、たくさん摂取することで頭がよくなるということがよくいわれますが、実は視力を回復させることが分かっています。

DHAは脳や神経の発達、あるいはそれらの維持をするのに必要な成分で、DHAが不足してくると、脳や神経での情報の伝達が滞ることになります。脳にのみ必要な成分というわけではないのです。「見る」という行為は目に入ってくる外部からの視覚情報が、網膜視神経を通って、脳に伝わることで初めて物を見ることが可能になります。当然のことながら、網膜視神経にも多くのDHAが必要になり、不足してくれば視力の低下を招きかねません。そこで、DHAをたくさん摂取して網膜視神経での情報伝達を円滑にしてあげれば、視力を回復させることができるのです。

DHAというのは人間の体内で生成することができないので、全てのDHAは体外からの摂取に頼るしか方法がありません。摂取の方法ですが、手っ取り早いのはイワシなどの青魚をできるだけたくさん食べることでしょう。特にの周辺にはDHAが多く含まれているので、いつも魚の頭の部分を残しているなら、これからはの周辺だけでも残さずに食べましょう。魚を料理するのが苦手ということであれば、すでに調理された缶詰のものを食べるのも良いでしょう。最近の魚の缶詰の成分の表示欄にはDHAの含有量などが明確に示してあるので、含有量の多い缶詰を選べばよいでしょう。

また、缶詰すら面倒ならサプリメントで摂取するのをおすすめします。お近くのドラッグストアにいけば、数多くのDHAサプリメントが並んでいるはずです。缶詰同様に成分表を比較してみて、含有量が一番多いサプリメントを買うのがよいでしょう。

COPYRIGHT(C)2007 視力回復センター&レーシック手術研究所 ALL RIGHTS RESERVED.