視力回復と視力検査

視力回復に効果的な立体視を使ったトレーニングを利用して近視・乱視・遠視・老眼を矯正していきましょう。

最大限に視力アップの効果を生かして、目を回復していくには毎日継続的にトレーニングすることが大切です。

視力回復メニュー

眼科でレーシック手術

レーシックというのは目の表面にある角膜に対し、エキシマレーザーを照射し、角膜の一部を切除することで視力を回復させる矯正手術のことをいいます。

まず最初にマイクロケラトームという特殊なメスを使って、角膜表面を薄く削り、フラップと呼ばれるものを作ります。フラップは蓋状になっているので、それをめくってから、エキシマレーザーを照射し、角膜の一部を切除します。切除が済んだ後、めくっていた蓋状のフラップを元の状態に戻します。フラップは放っておくと自然に接着するので、手術はそれで終了となります。手術中は麻酔をするので、痛みはありません手術は短時間ですみます。

エキシマレーザーの照射によって、角膜の中央が削れて薄くなるため、角膜の曲率が下がり、結果として視力が回復します。なお、エキシマレーザーの照射を調整することにより、乱視を矯正することも可能になっています。

レーシックの長所として、わずらわしいメガネやコンタクトレンズを利用する必要性がなくなることが第一に挙げられます。特にスポーツをする方にとってメガネやコンタクトレンズにしばられなくなるというのは大きな長所といえるでしょう。タイガー・ウッズがレーシックを受けたというのは有名な話です。また、手術の終了後はすぐに帰宅でき、翌日から日常生活を送れることも利点といえます。

逆に問題点もあります。手術にリスクがまったくないわけではないということ、長い期間に渡った安全性が完全に検証されていないということ、角膜の表面を削り過ぎてしまうと遠視になりかねないということなどです。こういった問題点へのフォローを十分に行っている眼科のクリニックを探すことが大切です。目はとてもデリケートなものなので、信頼できる眼科医に診察してもらいたいものです。

レーシック手術のメリットとデメリットを考慮して手術を受けるかどうかを判断してください。それなりの費用はかかりますが、短時間で視力を取り戻すことができるレーシック手術は、忙しい現代人にとっては非常に魅力的な選択肢です。

COPYRIGHT(C)2007 視力回復センター&レーシック手術研究所 ALL RIGHTS RESERVED.