視力回復と視力検査

視力回復に効果的な立体視を使ったトレーニングを利用して近視・乱視・遠視・老眼を矯正していきましょう。

最大限に視力アップの効果を生かして、目を回復していくには毎日継続的にトレーニングすることが大切です。

お菓子&スイーツの食レポ、iPhoneアプリ、本の書評や購入レビューのくまよむ

視力回復メニュー

コンタクトで視力矯正

各個人ごとの目に基づくオリジナルのカーブデザインを施したハードコンタクトレンズを夜間の睡眠中に装用することによって、角膜表面の形状を変化させる矯正法のことをオルソケラトロジーといいます。

オルソケラトロジーのコンタクトレンズを目から外した後は、矯正された角膜表面の変化が長時間に渡って、そのまま維持されるので、結果として裸眼視力も向上した状態で維持されることになります。睡眠前にレンズを装用し、睡眠中に矯正し、起床してからレンズを外すというのがオルソケラトロジーの基本的な生活パターンとなります。このパターンを守れば、裸眼視力は常に向上した状態で生活できるようになります。一般的なコンタクトレンズは活動中に装用し、睡眠中は外すので、これとはまったく逆の生活になるのだとお考えください。

一般的なコンタクトレンズを装用したまま眠ってしまうと、目にとても大きな負担をかけてしまうのでよくありませんが、オルソケラトロジーの場合には酸素透過性の高いコンタクトレンズを使用するので、目への負担は大幅に軽減されます。

オルソケラトロジーの利点はいくつもありますが、やはり安全性が高いというのがまず第一に挙げられます。レーシックによる矯正手術をした場合、目を手術前の元の状態に戻すことは不可能ですが、オルソケラトロジーの場合にはそれが可能です。オルソケラトロジーでは睡眠中に矯正することで昼間の視力を維持するようになっていますが、矯正するのをやめると、時間が経つにつれて次第に矯正前の状態に角膜の表面が戻っていきます。いつでも目を元の状態に戻せるというオルソケラトロジーの安全性は非常に大きな利点といえます。睡眠中に矯正できることも利点です。コンタクトレンズは目にとってみれば異物でしかなく、とかくわずらわしいものですが、眠っている間に装用するのであれば、そのわずらわしさは気になりません。

また、激しいスポーツをする人にとって、眼鏡やコンタクトレンズに頼らなくてもいいというのは、ただそれだけで素晴らしい利点といえます。たとえ、それほどスポーツをしない人であっても、裸眼で生活できるのはとても魅力的なことです。

逆にオルソケラトロジーの短所を考えた場合、視力を根本から矯正するわけではないということが挙げられます。上記でも述べましたが、オルソケラトロジーのコンタクトレンズの装用を中止すると、時間の経過と共に視力は徐々に低下していきます。これは利点であると同時に短所にもなりえます。レーシックのように、手術後はなにもしなくても視力を高いまま維持できるわけではありません。就寝前にはコンタクトレンズを装用し、起床後にはコンタクトレンズを外すという作業はどうしても必要ですし、レンズケアも欠かせません。オルソケラトロジーという矯正法の性格を考えれば多少の面倒は致し方ないことですが、この点に関しては面倒なことが必要のないレーシック手術の方が優れているといえるかもしれません。

あと、オルソケラトロジー自体が日本では認知度が低いというのも短所といえるでしょう。アメリカでは広く普及していますが、日本ではアメリカと比較すると、まだまだ歴史が浅くマイナーな存在といえます。

オルソケラトロジーは安全性が高いので、どうしてもレーシックの矯正手術には二の足を踏んでしまいがちな方にはおすすめです。ただし、オルソケラトロジーは率直にいって普通のコンタクトレンズを購入するのに比べて高額です。眼科医の適切な指導各個人ごとのオリジナルのコンタクトレンズを必要とするため、どうしても高額になってしまいます。レーシックと比べても遜色ないレベルです。オルソケラトロジーレーシックのそれぞれのメリット・デメリットを考慮して、自分にとって一番適している方を選択していただければ良いと思います。

COPYRIGHT(C)2007 視力回復センター&レーシック手術研究所 ALL RIGHTS RESERVED.